糖尿病の特徴

通常、食べ物を摂取すると血糖値が上昇しますが、通常はエネルギーとして消費されると血糖値は下がります。しかし糖尿病になってしまうと、血糖値が高まった状態が続き、様々な症状を引き起こしたり時には重大な病を引き起こすこともあります。

糖尿病患者に見られる症状

病室
no.1

喉が渇く

糖尿病患者にみられる症状として、喉の渇きが挙げられます。血糖値が上がった状態が続くと、血中濃度が高まって脱水症状のような状態に陥ります。そのため、脳が水を欲しがって喉が乾くのです。水を飲む機会が増えるので、同時にトイレに行く回数も増えます。

no.2

食欲が増す

健康な人であれば、摂取した食べ物を分解することでエネルギーに変えますが、糖尿病患者は分解する力が弱いため代わりにエネルギーとなるものを探さなくてはなりません。その結果、エネルギーを求めて食欲が増進してしまうのです。食欲は増しますが栄養を吸収することは難しいため、どんどん痩せていくという点も特徴だといえます。

no.3

疲れやすくなる

摂取した食べ物をエネルギーに変えることができないと、体は脂肪や筋肉を消費してエネルギーに変えようとします。そのため、次第に筋肉量が減ったり体重が落ちて、少し体を使うだけでも疲れるようになってしまうのです。

血糖値の変化に注目

糖尿病は自覚症状がなく、発症していることになかなか気づかない病気です。糖尿病を未然に防ぎたいのであれば、こまめに血糖値をチェックしましょう。まずは基準値を把握して、基準値を上回ることがないか注視します。一時的であれば問題ありませんが、継続して血糖値が基準値を上回っているようなら糖尿病を疑いましょう。

原因不明の痛みを感じている人はこちらもチェック

レントゲン

病気を把握して未然に防ぐ

体に痛みを感じても、病名がわからなければ正しい対処方法は解りません。原因がわからない痛みを感じたら、色々な病気の可能性を疑いましょう。つらい症状が長引く場合には、病院で専門医に診てもらう必要があります。

Read More..

あらかじめ基準値を把握しておこう〜血糖値から分かる体の変化〜

カウンセリング

大腸内視鏡検査の重要性

肛門から内視鏡を入れて腸内の様子をチェックする大腸内視鏡検査は、申し込むことに抵抗を感じる人も少なくありません。しかし、医師に直接大腸を肉眼でチェックしてもらうことで、ガンなどの命に関わる重大な病気を早い段階で発見することができます。ガンは初期段階であれば決して怖くない病なので、年に一度は大腸内視鏡検査が受けられる名古屋の病院で受診するようにしましょう。

病院

肥満治療は保険が適用される?

大抵の場合、肥満治療では健康保険は適用されません。しかし、条件によっては健康保険が適用されることもあります。審美性に重点を置いてただ痩せたいという場合には難しいですが、肥満が原因で心臓病を発症しかけているなど、医師が治療が必要だと判断した場合には健康保険が適用されます、適用されるには細かい条件をいくつもクリアしなければならないので、費用が気になるという人は一度、肥満外来を設置している病院の事務スタッフに相談してみましょう。

[PR]
髄膜腫・脳動脈瘤を改善しよう♪
専門医院を受診すべし!

広告募集中