HOME>みんなの声>腰痛の根本原因を解消できる〜レントゲンや検査で特定〜

腰痛の根本原因を解消できる〜レントゲンや検査で特定〜

カウンセリング

骨の歪みが原因となる症状はなかなか手術で治すことができません。腰痛はそんな困った症状の一つです。病院で早めに原因を特定すれば、根治させられる可能性があるので多くの人が利用しています。

レビュー

病院なら細かな検査をしてくれる

長年、腰痛に苦しめられてきました。そのたびに整骨院やマッサージに行きました。痛みが和らぐので深刻な状態にならずにすみました。しかし、40歳になった頃から腰の痛みだけでなく両足が痺れるようになりました。そして歩きづらくなってきました。今までと違うので整形外科に行くことにしました。すると、腰や足のレントゲンを撮影してくれました。その上で問診を受けました。長年腰痛に苦しんできたこと。その都度マッサージに行ってしのいでいたこと。両足が痺れたことを伝えました。その結果、出た診断が椎間板ヘルニア。その上で、腰痛があったと言うと早い段階で整形外科を受診していればヘルニアになる前に腰痛を根治させることができると告げられました。手術をせざる負えない状態ですが、手術をしてリハビリをすれば元の生活に戻れると言われました。根本を治療するには病院が一番です。【40代・女性】

電気療法で治療中ですが痛みが良くなってきました

腰痛になりました。マッサージをすれば少し楽になるのですが、直らないので病院での治療に切り替えました。痛み止めを注射し、電気治療を長い間受けました。すぐに目に見える効果はありませんでした。一週間たつと腰痛が軽くなってきました。腰痛が軽くなってきて、足がスムーズに動くようになったので治療に行くのも随分とラクになりました。また、整形外科は総合病院なので風邪をひいた時など、整形外科の診察の後で持病の治療もすることができます。痛みがなくなってきたので、別棟の内科に行く時も長く歩けるようになりました。日に日に治療の効果が出ているので病院に行くモチベーションも上がりました。やはり、マッサージではなく整形外科を受診すべきと考えます。【30代・男性】

広告募集中